「地質調査」に関する知識と実績
調査・試験

イメージ
  機械ボーリング調査    キャスポル試験    一軸圧縮試験
地すべり調査から構造物基礎調査まで、あらゆる調査に用いられます。 重錘を一定の高さから地盤に自由落下させて生じる衝撃加速度の最大値、k値、qc値等から、簡易支持力を測定します。 粘性土を対象とした試験で、斜面の安定計算、摩擦杭の支持力計算などに用いられます。

ラムサウンディング試験 現場密度試験(砂置換法)    平板載荷試験
動的サウンディング試験の一種で、試験によって得られるNd値は標準貫入試験のN値とほぼ同じ値として評価されます。 工事現場において土の密度を測定する方法で、盛土施工管理や単位体積重量の測定に用いられます。
直径300mmの平板に直接荷重を加え、その沈下量から地盤の支持力を求めます。
  上記調査・試験以外にも「地質」に関する  あらゆる調査・試験等を実施しております。

トップページへ